家を建てるための重要なステップ

新しい家を建てることは一生に一度のプロジェクトです。すべてをスムーズに進めるには、最小限の組織が必要です。予算の定義から、建築用地の選択、計画の作成、建設契約の署名など​​の鍵の引き渡しまで、これらの鍵の段階の詳細を次のファイルで見つけてください。 。

予算を定義する

ホームプロジェクトは、割り当てられた予算を設定することから始める必要があります。確かに、家を建てるにはコストがかかります。これには、土地、資材、建設価格などの購入に対する固定料金だけでなく、あらゆる種類の税金、備品などの付随的な料金も含まれます。費用を適切に見積もるには、暫定的な資金調達計画を立てるために銀行に相談する必要があります。これは、収入に基づいて借入能力を決定するのに役立ちます。そうして初めて、あなたは住宅ローンを借りることができるようになります。

土地を探す

予算が決まったら、この建設プロジェクトの次のステップは、あなたの夢の家を建てるための土地を購入することです。この購入は、建設計画の総費用のほぼ半分を占めることを知っておく必要があります。したがって、それは軽視されるべきではありません。これを行うには、特定の基準、つまり、方向、露出、土壌の質、電気、水、ガスの接続を考慮に入れる必要があります。関係する市役所から必要な情報をすべて入手するだけでなく、建設用地の計画や文書も必ず参照してください。

計画を実行する

土地の所有者になったら、一戸建て住宅の建設計画を立てる必要があります。 150m²以上の家を計画している場合は、建築家のサービスを雇うことが義務付けられています。いずれにせよ、そのような不動産プロジェクトは、建設の技術的側面についてあなたを導くことができる有能な専門家の助けを必要とします:伝統的な家、現代的な家、現代的な家など。住宅計画は、関係する自治体の地方都市計画の制約に従う必要があることに注意する必要があります。これは、建築許可を取得するために必要です。

作業を開始します

建築許可を取得すると、工事の開始が始まります。あなたの家を建てるには、自己建設に入るか、一戸建ての住宅建設業者を雇うか、建築家を雇うかを選択できます。いずれにせよ、選択を行う前に、いくつかの見積もりを要求することを忘れないでください。 

建設現場に従ってください

Effectuer un suivi du chantier est primordial afin de vous assurer que les travaux avancent comme convenu : respect des délais, conformité au plan, etc. À chaque avancement de la construction, des réunions de chantier sont à prévoir. Elles servent entre autres à régler chaque facture selon les règles définies par la loi au niveau des différentes étapes de la construction : 15 % au début du chantier, 25 % à l’achèvement des fondations, 40 % à l’achèvement des murs, 60 % à la mise hors d’eau, 75 % à l’achèvement des cloisons et à la mise hors d’air, 95 % à l’achèvement des travaux d’équipement, de plomberie, de menuiserie et de chauffage, et enfin, 5 % à la réception des travaux.

キーを受け取る

Après les finitions, lorsque le chantier s’achève enfin et que votre maison est érigée, il est temps de réceptionner les clés de votre chez-vous. Mais avant tout, il importe de procéder à toutes les vérifications. Faites le tour de la propriété, à l’intérieur comme à l’extérieur en veillant bien à inspecter chaque détail. Vous verrez alors si tout est conforme à ce qui était convenu. Pour assurer cette inspection, vous pouvez vous faire aider par un professionnel de la construction à l’exemple de votre architecte. Si aucune réserve n’est émise à la réception des travaux, il vous reste 8 jours pour payer le reste de votre solde. Par contre, si des malfaçons ou des non-conformités sont observées, il faut les noter dans le procès-verbal de réception pour demander au constructeur de les rectifier dans les plus brefs délais.