なぜ工業用ダスト除去を行うのですか?

自動車部門、化学産業、食品産業、さらには包装のいずれにおいても、多くの粒子がさまざまな産業機械に付着する可能性があります。労働者の健康を害し、労働条件を改善することを避けるために、産業用のほこりの除去が必要です。

工業用ダスト除去とは何ですか?

Le dépoussiérage industriel est bien plus qu’un simple acte d’enlever la poussière. Relativement plus complexe, cette opération consiste avant tout à capter les résidus et divers débris se présentant sous forme de particules à la source. Les poussières sont ensuite transportées à l’intérieur de tuyaux dédiés à cet effet avant de subir une filtration industrielle. Cette étape est suivie par la récupération des poussières par décolmatage automatique qui sont ensuite conditionnées dans des sacs appelés « bi-bag ». Cependant, il est aussi possible que les particules soient recyclées grâce à certaines machines. Certains dispositifs sont même en mesure de transformer l’air aspiré avant de le réintroduire à nouveau dans l’enceinte de l’entreprise.

産業用ダスト除去は多くの分野で適用可能な操作です。このプロセスは、主なターゲットであるボンディング会社に加えて、製薬、航空、医療、家具、化粧品、さらには繊維の分野でも使用されています。

この操作のポイントは何ですか?

クリーニングは、特定の産業部門で非常に重要です。確かに、敷地内の材料や表面にちりばめられた微視的なほこりや破片でさえ、機器の劣化を引き起こす可能性があります。長期的には、これは生産上の問題を引き起こす可能性があります。機械が適切に機能するためには、その清潔さが不可欠​​です。さらに、ほこりが多すぎる環境に存在する粒子は、オペレーターの事故のリスクを高めます。

工業用ダスト除去のおかげで、使用するシステムや製品を汚れが汚染するのを防ぐことができます。表面にちりばめられたほこりの除去は特に 印刷業界に欠かせない 印刷の品質を保証します。実際、破片は2つの物質の結合に影響を与える可能性があります。同じことが接着およびホットスタンプ操作にも当てはまります。とりわけ、自然なダスティングは表面の特性と材料の接着性を改善します。

どの集塵システムを選択しますか?

さまざまな集塵システムが産業部門に適用できます。主に2つの手法が使用されます。前者は機械的接触を必要とし、印刷業界、印刷フィルムの製造、およびコンベヤーで使用されます。この場合、クリーニングは実際に材料に影響を与えます。したがって、部品は生産施設で使用する前にきれいです。

2番目のシステムは、機械的な接触を必要とせず、エアブロー、吸引、またはイオン化などのさまざまな手法で実行できます。このシステムにより、特性を変更したり損傷したりするリスクなしに、表面にほこりを払うことができます。特に、設置場所のほこりを取り除くために使用されます 織物産業。この場合、帯電防止システムが使用されます。この技術は、埋め込まれたほこりと表面の間の静電関係を改善します。次に、支持体の上に浮遊している粒子が吸い上げられます。