サンディング:手でまたは機械で?

壁を塗り直したり、木材にニスを塗ったりする前に、「サンディング」ステップを実行する必要があります。これは、仕上げがよりよく付着するように、表面の平坦度を高めることからなる作業です。これを行うには、完璧な結果を得ることができる2つの方法があります。手作業で行うか、機械またはサンダーを使用します。研磨する材料によっては、機械よりも手作業の方が有利な場合があり、その逆の場合もあります。

さまざまな種類の電動サンダー

マシンサンディングは、迅速で便利なソリューションです。それはまたあなたがより大きな表面そしてさらに高い表面でさえ働くことを可能にします、それ故にすべて 最高のキリンサンダーを使用する利点。ただし、このデバイスは他のすべての研磨作業には適していない場合があります。確かに、多くのサンダーがあり、あなたは正しいものを選ぶ方法を知らなければなりません。

オービタルサンダーは、サンディングを仕上げ、仕上げを適用するための表面を準備するために使用されます。サンディングは軽いので、例えば無垢材の床におすすめです。ストリッピングの場合は、ベルトサンダーで研磨することをお勧めします。

壁や天井には、キリンサンダーが最適です。そのデザインはあなたが高さで働くことを可能にします。

エキセントリックサンダーに関しては、輪郭や曲面や曲面での作業に最適なマシンです。木材の研磨もこの機械で行うことができます。

アングルグラインダーは、その名前が示すように、アングルで動作するように設計されています。

さらに、小さな表面の場合は、手を使って表面をよりよく加工することができます。傷を付けたり怪我をしたりしないように、サンディングブロックは必須です。

結果は手作業でも機械でも同じですか?

実際には、手作業で作業する場合でも、電動サンダーで作業する場合でも、すべては選択した粒子によって異なります。粗い紙で研磨すればするほど、表面を深く攻撃します。粒子が小さいほど、サンディングは軽く滑らかになります。すべてのサンディングペーパーには、粒子サイズを定義する番号があります。それは24から1200の範囲で、24が最も粗い粒子で、1200が最も細かい粒子です。アルファベット文字は研磨紙にも存在し、紙の厚さを定義します。 AからFになり、Fが最も厚く、Aが最も薄くなります。

表面に応じてどの粒を選びますか?

壁や天井を研磨するときは、80〜180のグリットを使用することをお勧めします。 ペイントを塗る、表面を深く研磨しないでください。

木工品を研磨するには、180〜600の粒子を選択して、ワニスを収容するために表面を軽く研磨します。

表面を完全に剥がすには、24の粒子から始めて、60に減らして、表面の研磨を少なくする必要があることは明らかです。